チェスのルールと駒とコツについて


チェスのルールと駒とコツについて

皆さんはチェスをやったことがあるでしょうか。
もしかするとまだやったことがない人もいるかもしれませんが、今回はそのチェスのルールと、駒とコツについて話しますので、ぜひその後にやってみてください。

チェスは将棋とかなり似ています。
まず、白黒のボードに、自軍と敵軍に分けて決められた駒を決められた場所に配置します。
駒は、ポーン(歩兵)、ルーク(城)、ナイト(騎士)、ビショップ(僧正)、クイーン(女王)、キング(王)の六種類で、それぞれに決められた動きがあり、自軍と敵軍が交互に一つの駒を動かしていって、最終的にキングをとれるポジションになった時に勝敗が決まるルールです。

では、各駒の動きを説明していきましょう。

まずポーンですが、前に1マスだけ進めます。ただ、最初だけは2マス前進できます。
また、このポーンに関しては特別なルールがあり、一つは、敵軍の最終列に侵入すると、キング以外の別の駒に変身できるようになります。これを「ポーンの昇進」といいます。
二つ目は、口では説明が難しいのですが、敵のポーンが最初の動きとして2マス進んだ時、その横に自軍のポーンがあった場合、敵のポーンの後ろに移動することで、その敵のポーンを取ることができます。これをアンパッサンといいます。

ルークは縦と横をいくらでも移動できます。
ナイトは縦と横、合計で3マス進めます。直線的に3マス進むことはできず、必ず一度方向変換しなくてはいけません。

ビショップは斜め方向をいくらでも移動できます。
クイーンは、ナイトとビショップを合わせた動きです。縦横斜め、全ての方向にいくらでも移動できます。
キングは縦横斜め、全ての方向に1マス移動できます。

これらの駒を使って相手のキングが逃げられない状態になると、チェックメイトなり勝敗がつきます。コツは全体を駒の動きと組み合わせてみることですね。


サイドメニュー見出し

サントリーDHA&EPA

DHAサプリメント市場18年連続売上No.1!今の健康を保ち続けたい方に
※ 出典:H・Bフーズマーケティング便覧2006~2023 機能志向食品編 《DHA・EPA成分カテゴリー内シェア※2015年~2021年売上金額(確定)、及び、DHA、EPA成分カテゴリー内合算シェア※2004年~2014年売上金額(確定)》 (株)富士経済


サントリーオメガエイド(機能性表示食品)
前向きで聡明な毎日に欠かせない成分として注目されているARA(アラキドン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン)酸の3つ の成分が含まれて、健康的な毎日をサポートしてくれます。
バナー原稿

DHAとEPAの違い

DHAとEPAの違いとして大きいのは、EPAはイキイキとした毎日を、DHAは考える力をサポートしてくれます。DHAが豊富に含まれている魚として有名なのがマグロ、EPAが豊富に含まれている魚として有名なのがイワシです。

PR